いつだって大丈夫!

子育てをしながら気づいたこと、学んだこと。

カテゴリ: 子供のゲームの制限をやめた話





もうすぐ私の誕生日…ということで、自分で自分の好きなお花をセレクトして買ってきました♪
(夫は出張中で誕生日不在なのです。)

マリメッコ ティーポット Menu フラワーベース

チョコレートはハイネマンのチョコレート。







先日偶然、外出先で久しぶりの友人に会いました。

彼女とは不思議なつながりで、彼女の長男と我が家の長男が同い年。けれども我が家の息子が仲良くしているのは彼女の次男くん…。次男くんとは現在学校が一緒なのです。

彼女は本当に子育て熱心で、子育て論について話し出すと止まらない!

お話はとても興味深くてためになります。


最近ずっと会えていなくて、私も彼女と話したいことが山の様。

久しぶりに会えた嬉しさから、我が家の息子のゲーム制限をやめた話を熱く語ってしまいました。


ゲームを制限していたのをやめてね、朝から晩までゲーム三昧だったけれど、自主性を取り戻すのが一番だと思って…と、最近の自分自身の気づきを話したくて。


すると、その反応が思っていた反応と違って…。

「でもね、ゲームが単なるゲームだったときは良いと思うよ。でも最近のゲームは、そこに人とのコミュニケーションがあるでしょう。ゲームというより、そのバーチャルコミュニケーションにはまってしまって、抜けれなくなったら怖いよ。やっぱりリアルな人間付き合いが大切だから…リア充が必要でしょう!学校ではお友達出来た…?同じ学年に日本人は入ってきた?」って心配されて…。

確かに、息子は学校でなかなか友達が出来ず(英語もまだまだ、もともと慎重派ということもあって)、お昼お弁当は一人で食べていると言っていたので、お友達の次男くんがそんな様子を学校で見て心配して、家で話していたのかもしれません…。



言われてしまったら妙に納得してしまって頭が真っ白。「やばい、やばい、やばい」が頭の中をぐるぐるぐる。。。。

何とか話が終わって別れて家に向かう時の私の目の前は真っ暗。

最近リアルの友達と遊ぶことがほとんどなく、家にこもってゲームをしている息子のことを「大丈夫」と思って見守っていたのが一転して、「やばい」に…。

家に帰って夫に泣きついたのでした。「やばい~!!」って。。


でも、夫に「喝!!」を入れられました。

「何をいまさら言っているんだ!!リアルから逃げてバーチャルになること分かった上でやってるんだろ!!それでどん底まで行って、自分で気が付いて戻ってくるのを待つってきめたんだろ!!」って。


そう言われて、はっとなりました。


そうだ、そんなバーチャル世界で生きることも受けいれる覚悟でやったんだ…と。


そう。バーチャル世界に飽きて、物足りなくなって、バーチャル世界でうまく付き合えた人間関係をリアルで試してみたいと思うようになるまで、親として見守るつもりだったのだと。

だから、今はバーチャル世界を楽しめば良い。リアルより楽かもしれないけれど、きっと寂しさをどこかで感じたら戻ってくる。

本人が寂しさを感じていないのであれば、それはそれでいいんだ!って。

今、リアルの世界が充実していなくて、バーチャルまで取り上げてどうする?
リアルで充実してこいって、おしりをけ飛ばすのか??

そうじゃない。リアルを充実させられないなら、バーチャル世界を楽しんで自分自身をいやしてあげればいいんだ。それが必要なんだ。


大丈夫!!きっときっと、大きく羽ばたく日が必ず来る!!


ゲーム無制限の息子ですが、昨日は学校から帰って3時間も勉強していました。

9月から学校が始まって最初は頑張っていたけれど、その後一度また勉強をしなくなって…また最近もり返してきました。まだまだ山あり谷ありで勉強に夢中!まではいかないですが、きっといつか夢中になる日が来るだろうと信じています。

自分自身ですべてを管理するようになってから、少しずつ色々なことを学んでいます。

「おかあさん、インターはね、勉強しない人はそのままほっておかれるんだよ」とか、「あ、俺3時間も勉強できた。ゲームがここにあるのに。」とか、「勉強って苦しいと思っていたけれど、全然苦しいものじゃないね」とか、いろいろなことに気づいたりしているようです。

自ら学びだしました。

私自身も息子が勉強する量ではなくて、自発的に生きることに目を向けているから、少しでも自発的に取り組むと感動します。
勉強の量に目を向けていた頃は、勉強しないとイライラばかりしていたのに…。

「すごいじゃん~!」って言いたくなります。

「ゲームが自由に使える状況にあるのに、よく勉強できるねぇ!!すごいじゃん~!!!」って、私自身驚いて話します。

私自身が彼を信じることができるようになりました。




そうそう、息子に友達の次男くんがお昼ご飯一人で食べていることを心配してくれてるようだよ、と伝えたところ、「そんな風に見られているのか」とショックな様子でした。

「そうやって他の人から淋しそうに見えたとしても、あなたがそう感じていないなら私は一人で食べていればいいと思うよ!」と伝えたのですが…。

最近息子が、「最近ね~、中国人3人と昼ごはん食べてるよ」と。



見守りながら、ちょっとだけ背中を押してあげる。

親にできることはそれが全て。



今子供のゲームや勉強のことで悩んでいるお母さんたちに、我が家の話が届きますように…




児童英会話・バイリンガル子育て 子育てブログ・テーマ
児童英会話・バイリンガル子育て

モノトーンのインテリア インテリアブログ・テーマ
モノトーンのインテリア

台所・調理・製菓用品・キッチングッズ 料理ブログ・テーマ
台所・調理・製菓用品・キッチングッズ

楽天ランキング人気のお取り寄せグルメ グルメブログ・テーマ
楽天ランキング人気のお取り寄せグルメ

オシャレママのユニクロ・GU・しまむらファッション♪ ファッションブログ・テーマ
オシャレママのユニクロ・GU・しまむらファッション♪



更新のはげみになっています。応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村
 
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪



















ゲームに夢中になりすぎてしまって親指がばね指(腱鞘炎)になってしまい、大好きだったピアノまでやめると言いただした息子… 。

もう音楽は興味が無くなったんだ、ただ楽器の音を出すだけなんて意味がないんだと、ピアノをやめる理由をあれこれ並べて話していた息子。
もう弾かないと決めて、強い意思表示していたのですが…
その後、またピアノを弾きました…!

もうピアノはやめるけれど弾くそうです。発表会にも出ないけれど、弾くそうです。
おそらく、指が腱鞘炎でうまく動かない、けれどゲームもやめたくない…そんな思いと葛藤しているのだと思います。

やっぱり、好きなものは好きなのですね。
どんなにゲーム中毒のようになってしまっても、やっぱりやりたいことはやりたいのです。
ピアノをこのまま続けていくのか、発表会に出るかどうかは分かりませんが、楽しい!と思えること、好きなことはゲーム以外にもあるし、ゲーム以外のこともするのだということがわかりました。
どれだけゲームをやってよかったとしても、それしかしないわけではないのだとわかりました。



その時その時の、自分にとって心地よい事、必要なことを自分自身で考えて動いていける。それができているのです。

8月末から学校が始まって、少しですが自分から進んで勉強をするようにもなりました。
誰かに言われてするのではなく、明日の授業のために今日はこれをする必要がある、と自分で判断してやるようになりました。
まだまだ時間は少ないですが、自主的に勉強を始めた息子✨

ゲームの魅力に心奪われながらの勉強よりも、十分にゲームをして心が満たされてからの方が、勉強にも集中しているように感じます。集中しだすとずっと机に向かっています。それまではゲームにとらわれてしまって、勉強に集中することができなかったのでしょう。

3か月間勉強ゼロだった息子は、勉強を少しずつ自主的に始めました。
まだ、日によってばらつきはありますが…「自主性」を獲得した先の彼の未来が楽しみに感じられるようになりました。

逆に私自身が、勉強を始めた息子をみて「もう勉強始めるんだ…」なんて、心の底で感じるようになりました。
勉強にまだ夢中になるほどでないのなら、中途半端に勉強をしなくても良い…と、私自身が思うようになっていました。夢中になって勉強したくなる日がくるまで、たくさん好きなことをして、たくさん遊んでパワーを蓄えてほしいと思うようになったから。私自身の中にあった観念が変わったから。

そう思えるようになったのが、先日記事にした川村真木子さんのインスタグラムのコラムを読んでから。 英語が全く話せない大阪の金髪女子高生が外資バリキャリ女子になるまで

そして、AtsueigoのAtsuさんの動画、勉強嫌いな私が急に勉強に目覚めた本当の理由を見てから。人はそれぞれ違ったタイミングで、勉強したくなる時期が来るのだということを、確信をもって思えるようになりました。そしてそのタイミングで勉強を始めることが、一番強い。
Atsuさんも、高校1年までは勉強を全然しなかったそうです。小学生の頃は習い事もせず、中学生の時は部活もそれほど熱をいれずに、自由気ままな学生生活を送っていたそうです。帰国子女でもない、留学をしてもいないのに英語ペラペラ、TOEIC満点、一日12時間の勉強を30日間ぶっ通しでするような、Atsuさんが…!
勉強の「楽しさ」に目覚めるまでは勉強しないで過ごすくらいの方が…勉強の「楽しさ」に気づくことができた後は夢中になって勉強をするのかもしれません。


子どものゲームを無制限にするために一番大切だったことは、私自身の固定観念を外すということでした。
私が変えた、私自身の固定観念は…
・ゲームをさせたくないのか?それとも自主性を育てたいのか?→自主性を育てたい。
・勉強をさせたいのか?それとも自習性を育てたいのか?→自主性を育てたい。
・親が望むような人生を歩んでほしいのか?それとも自分で自分の人生を歩んでほしいのか?
・勉強はしたくなる時がくる。勉強したくないのに、勉強させると勉強が嫌いになる。
・人生遅咲きでo.k!
・これからはゲームの時代。ゲームで稼ぐ人が増える。勉強していても稼げるとは限らない。
・やりたくもない勉強を無理にさせても、身につきにくい。
・留年しても問題ない。人生のどん底は、成功へのばねになる。


まだ本格的に勉強に目覚めたわけではなさそうです。これからも、まだまだ失敗しながら進んでいけばいい。たくさん回り道して、自分の道を自分で開拓していって欲しいと心から思います。


これからもまた、子どもの様子をご報告していきたいと思います。



増税前の最後のセールだそうですね☆
年末の一時帰国に向けて、参戦しなくては!






憧れのホテルライクインテリア インテリアブログ・テーマ
憧れのホテルライクインテリア

海外インテリア インテリアブログ・テーマ
海外インテリア 

おうちを片づけたい 住まいブログ・テーマ
おうちを片づけたい

もっと心地いい暮らしがしたい! ライフスタイルブログ・テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!

水廻りの掃除方法とおすすめアイテム ライフスタイルブログ・テーマ
水廻りの掃除方法とおすすめアイテム



応援クリックがあった日はとっても嬉しくて、励みになっています!
ポチっと応援していってもらえたら何よりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪








 








 我が家の子ども(特に長男)のゲーム(携帯)の制限をやめたその後の経過について書きたいと思います。

我が家の子どものゲームや動画、携帯すべて制限を解除したのが6月の頭でした。

子どもへのゲームの与え方について考える

そのすぐ直後、長男は学校で大きな学年末試験がありました。
それまで成績が振るわなかった長男、その試験は気を抜いてはいけない試験だったのですが…。

家での勉強は「ゼロ」で試験を迎え、試験を終えました。

学校は日本の学校と違って、テストは一日に1教科。基本試験期間中は、試験の時間以外は学校で下校時刻の16時まで自習をします。

勉強したのはその自習の時間のみ。(していたかは、わかりませんが…)

土日も朝から晩までゲーム三昧!!
試験中とは思えない状態でした。

もちろん結果はボロボロ…。




試験後は長~い長い、夏休み!(夏休みは6月の最終週からでした。)

夏休み期間中サマースクールへ少し通いましたが、それ以外は朝から晩までゲーム三昧。
家での勉強は本当に「ゼロ」でした。
6月、7月、8月、まったく勉強しない毎日。

家庭教師の先生に国語を教わっていたのですが、宿題も全然しない。
先生から私に、「困ります」というメールがあり、息子と相談したところ家庭教師はやめることになりました。

本当にゲーム、動画三昧の毎日!!

夜も何時までゲームをしていたのか知りませんが、予定が無い日はお昼まで寝ていました。

毎日10時間以上ゲームをしていたら、息子は親指がばね指という、腱鞘炎になってしまいました。

ばね指になっていることは、ピアノの先生が気が付いてくださいました。

息子は小さい頃から音楽が大好きで、小学4年生の時に友人のピアノの発表会へ招待されてからピアノを始めたい!と言って5年生から習い始めました。
ピアノが好きすぎていつも夢中で弾いていたので、本当に上達は早かったし、何より彼の弾くピアノの音は本当にきれい…。
音にこだわりを持っていて、一つ一つの音を聴きながら弾くので、こんな音が出るのか…というような繊細な音を出します。ガンガン弾く娘のピアノの音とは大違い…。
家のピアノの音は悪いからピアノを弾く気がしない…と言うくらいのこだわりよう。
(私にはわかりません。。)

ばね指になってしまったら、さすがにゲームはやめるだろう…と思って様子を見ていました。

11月にピアノの発表会があるのですが、彼が弾きたい曲はベートーベンのテンペスト。
本当にきれいな曲です。
日にちも迫っているのに、まだ4分の1しか終わっていない。一向に練習をしない毎日…。
先生もしびれを切らして、少しきつく注意をしてくれました。
(とっても理解のある、優しい先生なのです!)

いつも優しくて、大好きな先生に言われればさすがに練習するだろう…と思っていたら、まさかの「ピアノやめる」という言葉。先生から注意されたことがショックだったようです…。

いつ聞いてもやめるの一点張り。ピアノはもう2か月か、それ以上家では弾いていません。
もうダメかなぁ、そんな風に覚悟を決めました。


長くなってしまったので、続きはまた書きたいと思います。


憧れのホテルライクインテリア

おうちを片づけたい 住まいブログ・テーマ
おうちを片づけたい

もっと心地いい暮らしがしたい! ライフスタイルブログ・テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!

水廻りの掃除方法とおすすめアイテム ライフスタイルブログ・テーマ
水廻りの掃除方法とおすすめアイテム

応援クリックがあった日はとっても嬉しくて、励みになっています!
ポチっと応援していってもらえたら何よりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪








 





このページのトップヘ