いつだって大丈夫!

子育てをしながら気づいたこと、学んだこと。

カテゴリ: 0歳~幼稚園の育児



私は子供を授かってから今まで、子どもにはどう接しながら育てるのが良いのかがわからなくて失敗の連続でした。


今日はそんな失敗から私が学んだことについて書きたいと思います。



我が家の第一子は男の子、私は男兄弟がいなかったため男の子育児は未知の世界で、子どもにどう接すれば良いのか全く分かりませんでした。

子どもが転んで泣いたら、私の母親は「こんなの痛くない!こんなことで泣かないの~男の子でしょ!」と声を掛けました。母親は、男の子は強く育てなければいけないと言いました。(私の母は男の子を育てたことはありません。)

私の義父は、皆で出かけた時に子供が歩かなかったら、「歩け!」と言っておしりをたたいて歩かせました。

私はこういう時にどのように接すれば良いのかがわからず、子育てセンターの先生に聞いてみたことがあるのですが、その時に「歩こうね、あと少し。頑張ろう!って声をかけて歩かせればいいんですよ」と教わりました。

言われるがままに私は、子どもが転んだら「痛くないよ!」、子どもが歩かなければ「あと少し、頑張って歩こうね!」と小さなころから歩きたくない子どもを歩かせて育てました。

そのようにしていたら、子どもはとても痛みに弱い子供に育ちました。親の言うことは聞きたくない子どもに育ちました。

ほんの少し痛いことがあったら、物凄く大げさに「痛い!痛い!」と大騒ぎ。こうならないためにと思って接してきたはずなのに…何かがおかしい。

そう思って第二子の時には、転んだらすぐにかけよって「あぁ痛かったねぇ。大丈夫!?こんなに怪我して。あぁ、痛かったね、痛かったね。」と、気持ちを受け止める声掛けをしました。
母親には「甘やかしすぎ」と言われましたが、続けていたら…娘は痛みにとても強い子供に育ちました。
公園で高い遊具から転落して、脱臼+骨折という大事故を起こして、救急車で運ばれ入院したことがあるのですが、その時にも一言も泣かずに病院へ行きました。手術するほどの骨折だったにもかかわらず、一言も泣かずに退院しました。



いまだに兄は痛みに弱くて、足を少しひねっただけでも私の前で「痛い」と言ってびっこをひいて歩きます…。
笑ってしまうのが、学校へ行く前に家の中でびっこをひいていたのが、玄関を出てバス停に向かう姿をアパートの上から見てみると、外では普通に歩いていたりするのです(笑)。…笑い事ではないですね。
私に「痛かったね」って言ってほしいのでしょう。

少しずつ、痛みに強くなってほしい…。私がいなくても、一人でも辛くないように。一人でも立ち直れるように。
そう願いながら、今は兄にも何かあればすぐに駆け寄って、「痛かったね」など、気持ちを代弁してあげるように心がけています。



子供が歩きたくない時は、「歩きたくないんだねぇ。できる所まで抱っこしようか」で良かったのだと思います…。無理やり歩かせずに、子供の意思を尊重してできる限り抱っこしてあげれば、親の抱っこがつらくなった時には自ら歩き出してくれていたかもしれません。

いやだいやだ!と泣きさけんだ時には、気持ちを受け止めてあげていればきっとしばらくして落ち着いたのでしょう。「いやなんだね、わかったよ。どうしようか、どうしたいかな?」って。

子どもが大きくなってからやっとわかりました。
もっと小さい頃から分かっていれば…と後悔ばかりですが、今からでも間に合うと信じています。

子どもが訴えることを受けとめ、子どもがしたいように子供の意思を尊重してあげることが一番の子育てだと今は思います。
 


子どものゲームの制限をやめて1か月半がたちました。

子どもへのゲームの与え方について考える

最初の頃は、ゲームをやりすぎると私に申し訳なさそうにしていましたが、今はすっかりそんな様子はありません。
毎日朝から晩までゲーム三昧、土日は朝から晩まで10時間ほどゲームをしております…。
私の声は、もう彼の耳には届かなくなりました。彼は私のコントロールの元から離れてしまったので、何を言ってももう無駄です。もう前のようなコントロールをしていた生活には戻れません。

実はゲームをしすぎて、ばね指という腱鞘炎にまでなってしまった息子…。
そんな姿を見ていて、時々不安にはなります。大丈夫…?って。
でもきっと大丈夫だと思っています。どこかできっと気が付いて、自分で方向を修正していってくれるって。
手放したら、心配はあるけれどとても楽になりました。
私が子供を良い方へコントロールしなくてはいけないと思い込んで、勝手に作り出した使命から逃れたら、すごく楽になりました。
親に言われた道を歩んでいくのではなくて、自分自身としっかりと向き合って自分の人生を歩んでいってほしい…そのためには、これは通らなくてはいけない道なんだって思うのです。

周りに流された子育てはもう卒業したい。
私の周りの親世代が教えてくれた子育ては間違っていました。
私は今、子どもをコントロールすることは間違っているんだって魂が感じています。
私の魂が、「きっと大丈夫」って信じる子育てをしていくことが、きっと一番だって信じたい。

また、息子の様子は経過報告していきます。
みなさんの子育てに、なにかヒントになれれば嬉しいです。



ミニマリストさん方の毎日のお話がとても興味深いです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な新築マンションでの生活がのぞけます♡
にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪












我が家の息子は、言葉がなかなか出なくて本当に心配しました。
1歳半検診ではもちろん、2歳過ぎても、2歳半を過ぎてもしっかりとした言葉を話しませんでした。

発達障害を疑って病院で診てもらったり、療育施設にも足を運びました。

そしてやっとわかったことが、

「この子は全く問題ない」ということ。


療育施設の方のお話だと、身体の軸がしっかりとできていないから言葉が出ないということでした。

赤ちゃんは、身体の中心がしっかりと発達して、次に足、腕、手首、手、指と順番に発達するそうです。
そして、発達が指先まで進み指で小さなものをつまめるようになると、初めて言葉が出るそうです。

息子は生まれてからほとんど、うつ伏せ運動をさせていませんでした。
赤ちゃんが生まれてできる唯一の運動はうつ伏せ運動です。
その運動をしっかりすると寝返りができるようになり、やがてずりばい→ハイハイへと移っていきます。
この段階を追ってしっかりと体の軸を作っていかずに、いきなりつかまり立ちなどをして歩いてしまうと身体の芯がしっかりと出来上がっていないため、指先まで発達が届かず言葉が出ないそうです。

2歳半の息子は、もうハイハイをするわけでもなかったので、それから毎日のように公園の遊具へ連れて行って、とにかく遊具を上り下りさせたり、たくさん運動をさせたところ、数か月でやっとしゃべり出しました。

このような情報を知らずに子育てして、言葉が遅いと不安になってしまいますよね…。
病院の先生がこのことを知っていれば余分な不安を持たずに子育てができるのに、と思います。


我が家の子供たちが大好きだったニューブロック
小学生卒業まで十分遊びました。
おもちゃはこれさえあれば良いくらい、本当によく遊んだおもちゃです。
手や指先の発達にもとてもよいおもちゃだと思います。



指先の発達を大切にして、ブロックや細かなレゴのおもちゃでたくさん遊んだことは、成長してから本当に良かったと思っています。
息子は小学4年生の終わりにお友達のピアノの発表会に招かれてから、ピアノに興味を持ち出しました。
興味があるなら…と思って、遅いかなぁとは思いましたが、5年生からピアノを始めました。
ピアノを始めるには遅すぎるかな…と思いましたが、指先がよく発達していたようで、本人自身もびっくりするほど指が良く動き、とても速い曲(きらきら星変奏曲)も2年で弾けるようになってしまいました。
指が発達していたからかどうかは定かではありませんが、息子の弾くピアノの音は本当にきれいで驚きます。(対、娘比



ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




我が家の子供は、生まれてから一度も虫歯になったことがありません。
小さい頃から毎日丁寧に歯磨きをしていたかというと全然そんなことは無く、私自身とてもずぼらな性格で、子どもの歯磨き面倒くさいなぁ~、フッ素塗布?体に悪いものをわざわざ歯医者に塗りに行くのも面倒だなぁ…という感じでした。
結構早い段階で仕上げ磨きはやめてしまい、小学校入学前にはもう、子どもの仕上げ歯磨きはしていませんでした。
潜在意識で、「昔の人は歯磨き粉なんて使わなかっただろう」、「動物は歯磨きしないのに」というように感じていたこともあります。
だから、子どもたちを歯医者へ連れて行ったこともあまりありません…。
子どもが小さいうちは、フッ素塗布が必要だといって歯医者に行く周りの友達に刺激され、1,2回は歯医者へ連れて行きフッ素塗布をした記憶がありますが、たまたま何かで「フッ素塗布は体に悪い」という記事を読んでからは、歯医者でのフッ素塗布をやめました。

ただ、食事だけはとても気を付けていました。体は食べたもの、飲んだものでできているので、身体に入れるものは良いものが良いと思っていたので、チョコレートやジュースなどはあまり与えていなかったことも大きかったのかもしれません。

逆に、私の姉は子供の仕上げ磨きを小学生になっても続けていたし、フッ素塗布で歯医者へもよく通っていたのですが、甥は何度か虫歯になっていました…。



【歯磨きのし過ぎが虫歯になる】

調べると出てきますが、食べたらすぐ磨くという歯磨き習慣が、実はとても良くないそうです。
食後は歯の表面が酸で溶けています。そこで歯磨きをしてしまうと、歯に傷をつけてしまうそうです。

また、食後は唾液が十分出ている時間帯なので、食後30分から1時間は、歯磨きによって唾液を流してしまわない方が良いそうです。


『日本は世界の予防歯科の常識に30年遅れ、虫歯予防ばかり気にしてきました。
その結果、歯磨き剤で健康な歯を削り、「食べかす取り」ばかりして最近の塊である歯垢(プラーク)を放置し、「食後すぐの歯磨き」をして、唾液という天然のメンテナンス剤を捨てるという間違った行為を続けてきました…』

やはり唾液というメンテナンス剤が、ちゃんと人間には備わっていたのですね。
食後すぐという間違えた歯磨きの習慣によって、唾液というこの天然のメンテナンス剤を流してしまっていたのです。

また、歯磨きのし過ぎは歯のエナメル質を傷つけたり、削ったりしてしまうそうです。研磨剤の入った歯磨き粉も、エナメル質を削ってしまうので良くないそうです。
歯磨きのし過ぎでエナメル質が削られてしまい、そこに紅茶やコーヒーなどの色素が沈着してしまった例もあるそうですから、歯磨きのし過ぎには気を付けた方がよさそうです。

食生活としては、だらだらと食べ続けることが一番よくないようです。
私の周りで、母乳の代わりにジュースを飲ませていたら…2歳で虫歯になった(!)という話を聞いたこともあります…。

歯って、一本差し歯にするのにいくらかかるか知っていますか?
保険適応外の歯は、歯の根が残っている場合は一本4万円~12万円、歯の根が残っていないインプラント治療の場合は30万円~40万円かかるそうです。
永久歯は32本あるので、人間の口だけで約1千万円の価値があるのですね。
そう思うと、歯一本一本を大切にしたいですね。



【フッ素の危険性】

フッ素の毒性については、ネットを検索するとたくさん出てきます。
・エナメル質形成不全になる。
・発がんの危険性。
・ADHDとの関連性を指摘されている。
・松果体が石灰化する。(アルツハイマーや認知症では松果体の石灰化が優位に高い。)
これだけの危険性を言われて、まだ虫歯予防になるのかも定かではないフッ素塗布をしたいでしょうか。(甥は、定期的にフッ素塗布をしていても虫歯になっています。)

我が家ではフッ素が無添加の歯磨き粉を使っています。
さっぱりするし、使用感がとてもよくお勧めです。もう7年以上、ずっとこれ一筋です。
フッ素、合成界面活性剤など無添加の自然成分の石けん歯磨き粉です。
ドイツの歯磨き粉もフッ素が添加されたものが多いので、毎年一時帰国の際に大量買いしています☆





【口臭が気になる時】

口臭が気になる時がありますが、果たして口臭は歯磨きをしないことによって臭うのでしょうか。
コーヒーやたばこ、納豆の臭いを時々人に感じることはありますが、これは一時的なもので、時間が経てば臭わなくなるので歯磨きの必要性はないように感じます。

これとは別に、身体の中からくる口臭がありますが、これは歯磨きをして治るものではありません。
子どもが体調が悪い時、時々口の中から臭いがすることがあります。
その時には、我が家では萬寿のしずくという健康飲料を飲ませています。


即効性があり、口臭も臭わなくなります。何より身体に本当に良いので、我が家は一年中冷蔵庫に萬寿のしずくは欠かせません。10本38,000円は高いですが…一年間の健康を思えば安いものです。余談ですが、美肌にも効果がありますよ。本当に、体の中から健康にしてくれる飲料です。本の一口飲めば十分効果があるので、4人家族で一か月に1本あれば十分なくらいです。(毎日は飲めませんが。。)


歯磨きの習慣を大切にすることよりも、だらだら食べをやめ、研磨剤で歯を磨きすぎないように気を付け、食後すぐの歯磨きはしない、これに気を付けていれば虫歯は予防できるように思います。
歯磨きの習慣について、是非考えてみてくださいね。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




我が家の息子はほぼ車酔いをしたことがありません。車に乗って2,3時間の長距離移動するときには、いつも本を読んだりゲームをしたりするのですが、まったく車酔いしないのです。
妹の方は兄に比べると車酔いしやすく、長時間のゲームは無理ですが、少しの時間は車に乗ってゲームをできるくらいなので、一般的なお子さんレベルでしょうか。


我が家の息子がなぜ、ここまで車酔いに強いのか…その理由を、子育てをしてきて「これだ!」とほぼ確信しているので、書きたいと思います。


小さい頃からお付き合いしているお友達を見ていて、車酔いしやすいお子さんは共通して、「小さい頃に、遊具のある公園にあまり行かなかった」という傾向があるように感じました。
私は小さい頃、毎日のように子供を遊具のある公園に連れて行っていたのですが、息子はぶらんこが大好きでした。3歳くらいの頃は、公園に行くたびにブランコを押してほしいとせがまれて、他のお友達がお砂場で遊んでいるのに息子だけは永遠にブランコで遊んでいる…そんな子どもでした。
公園ではいつもブランコを押してあげないといけなかったのですが、いつも他のママさんたちはお砂場でゆっくりおしゃべりをしていて…私も他のママさんたちとおしゃべり楽しみたいのに~~😢と、いつ
も悲しい思いをしていました。
そこで、ブランコを押すことから解放されたかったので、息子に必死でブランコの漕ぎ方を教えました。

【ブランコの乗り方の教え方】
・ブランコに乗っている息子の前に立って、「ここまで足をのばして足でタッチしてごらん」と言って、自分の胸の高さ辺りで手をパーにして言う。
・ブランコに乗っている時に、前に行く時は「足を前に伸ばして!」と声をかけ、後ろに行く時には「足を折って。足を後ろにして!」と動きに合わせて声をかる。
・前に行く時は体を後ろに倒して足を前に、後ろに行く時には身体を前に出して足は折る、という風に体の重心を移動させるように教える。


とにかくブランコを毎回漕いであげるのが嫌だったので(笑)、特訓していたら幼稚園入園前にはブランコを一人で漕げるようになっていました。


当時ブランコを一人で漕げる子は周りにいなかったので、息子はそれが誇らしかったのもあるのか、公園に行くとひたすらブランコを漕いでいました。
おそらく、このブランコで三半規管が鍛えられたのだと思います。
妹もブランコを同じように教えて幼稚園入園前にはブランコがこげていましたが、それほどブランコに興味がなかったからか、兄よりも三半規管が弱いようです。

また、息子は運動神経は本当に残念な感じなのですが、ブランコや乗り物には本当に強く、遊園地の乗り物もほとんどを乗りこなすことができます。小学1年生の頃には、遊園地の大きなバイキングにも一人で乗っていたし(私は怖くて乗れず、見守っていました。)、現在ではたいていのジェットコースターを乗りこなしています。


ドイツには楽しい遊園地が各地にあり、夏には「移動遊園地」といって、2週間限定の遊園地が街の中に特設され、ヨーロッパ各地を回っていきます。特設の遊園地といってもかなりの規模で、絶叫系からブランコ、お化け屋敷まで本当に遊園地そのものです。
ドイツ人は遊園地が大好きで、本当に小さな子供からお年寄りまでたくさんの方が乗り物に乗りにやってきます。私は乗り物酔いがひどいので見ているだけですが、年配の方でも遊園地のコーヒーカップ系を楽しんでいるので、三半規管が強いなぁと感じます。
遊園地に時々行くのも、三半規管を強くするのには良さそうです。私は年々、三半規管が弱くなっているように感じるので、遊園地などで時々鍛えておくことは良さそうです。

【ブランコ以外の三半規管の鍛え方】

他にも三半規管を鍛える方法として・トランポリン・滑り台・鉄棒・マット運動・逆立ちなども良いそうです。そういえば、息子は体操教室に通っていてマット運動などは好きでよくやっていました。
小さい頃に積極的に、これらの運動で三半規管を鍛えてあげると良いかもしれません。



このページのトップヘ