先日ツイッターを見ていたら、「子供に対して怒鳴って反省、怒鳴って反省を繰り返してしまう」というツイートを見かけて、そういえば昔の私も、いつも怒鳴って反省を繰り返していたなぁと思い出しました。


『子供に何かを教えるときは、叱らずに落ち着いて対処することが大切です。それは、なんでも許すということではありません。普通な声で、いけない理由を明確にわかりやすく伝えてあげればいいのです…』


わかってはいても、これが難しくて、つい怒鳴ってしまう…そんなことがよくありました。

勉強を見てあげている時、なかなか理解しない子どもにイライラして、つい怒鳴ってしまったり。

子供に何度言っても変わらなかったり、教えてあげてもなかなか理解しないと、だんだん落ち着いて話せなくなってきて、最後に怒鳴ってしまって…落ち着いてから、「また、やっちゃった。」と落ち込んで。

落ち着いて対処することが母親として必要なことだとはわかっているから、怒鳴ってしまった後に反省する。


そんなことを繰り返していた時期がありました。


今ならわかります。

「落ち着いて対処する」ことができるということは、「許せている」ということです。

それは、「相手を許している」だけでなく、「自分自身も許せている」ということです。

「落ち着いて対処する」ことができないということは、「相手だけでなく、自分自身も許せていない」ということです。




どんなに相手が未熟だと感じたとしても、「落ち着いて対処する」ことは大切なことです。

完璧な人など存在しないのだから、ましてや子供など、未熟なのが当然なのだから…いくら相手が未熟であったとしても、落ち着いて対処しなければいけないのです。

腹を立てて怒鳴ってしまう…そんな時は、「落ち着いて対処できずに腹を立ててしまう自分自身」を許してあげなければいけないのです。


「言ってもなかなか理解しない子どもに対して、私は腹を立ててしまっている。」と、自分自身の感情に気づく。

言ってもなかなか理解しない未熟な相手が変わるべきだと、心の底で感じているのかもしれません。

まずは、「自分ではなく相手が変わるべきだ」と思っている、甘ったれた自分がいることに気が付く。

そして、「私は、子どもに落ち着いて教えてあげることができない。私は本当は、子供に教えてあげたいと思っていのかもしれない。何故なら…」という自分自身の心の声に気づいて受け入れる。

そんな、できない自分を受け入れて許してあげる。許すとは、諦めるということ。

勉強を教えてあげることができない自分を受入れて、子どもに教えることを諦める。


すると「私には教えてあげることができないから、先生にしっかり聞いてきてね」と、落ち着いて次の行動をとることができるのです。




怒鳴って反省を繰り返してしまう時って、相手に対して「許せない」という怒りの感情を持っています。


でも実は、「許す」という言葉は、自分自身に対してしか使うことができない言葉だと、私は思うのです。

相手を「許せない」というのは、相手に腹をたてているということであって、いくら「許さない」と思ってみても、出来事は何も変わらないのです。

ただ、腹を立てている自分がそこにいる、それだけです。

人のことを「許さない!」と思っている間は、自分自身が怒りの感情で苦しむだけなのです。


「自分自身を許す」とは、「どんな自分であっても自分自身をまるごと受け入れる」と同義語であり、自分自身を許すことによって身体が緩み、落ち着いて次の行動がとれるようになるのです。


そうすることによって、「怒鳴って反省」のサイクルも抜け出すことができると思うのです




自分らしく気まま生活! ライフスタイルブログ・テーマ
自分らしく気まま生活!


コーヒー好きな人のためのトラコミュ グルメブログ・テーマ
コーヒー好きな人のためのトラコミュ


scope (スコープ) インテリアブログ・テーマ
scope (スコープ)


 住まいと暮らし 住まいブログ・テーマ
住まいと暮らし


スピリチュアル 哲学・思想ブログ・テーマ
スピリチュアル


40代の今想う事語れる事 ライフスタイルブログ・テーマ
40代の今想う事語れる事


シンプルで豊かな暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
シンプルで豊かな暮らし



更新のはげみになっています。応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村
 
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪