縁というものが、きっと確実に世の中には存在しているんだろうなぁと、ドイツに来てから感じるようになりました。


それは、この日本から遠く離れた地で、昔の友達や知り合いに再開するという奇跡を何度も体験したから。

これだけ重なると、ただの偶然とは思えない。

そんな再会が、ここへきてからたくさんありました。



【一つ目のご縁】

渡独の内示が会社から出たのは、2013年の12月のことでした。

丁度年賀状の時期だったので、年賀状に「転勤が決まりそうです」と書いて、大学時代の友人へ年賀状を送りました。

すると友人からの年賀状にも、「転勤が決まりました」と書かれていました。



こんな早い時期(普通なら3月前後?)の内示、もしかして友人も海外なのかも?と感じてその後やり取りをしたら、なんとお互い同じ赴任地でした!

友人は4月から先にドイツへ、我が家はその後5月にドイツへ引っ越しをしたのですが、娘が入学してみたら、なんと友人の息子君と我が家の娘は同じクラス、席が隣でした…!

お互い結婚をして住む場所も離れてしまってからは、会えるのは年に一度くらいだった友人が、ドイツで再会してまた、自転車で5分の距離に住んでいて、子ども達は同じクラスで席を並べて座っている…。

ドイツ行きの決まる一年前、友人の住む家にはるばる東京湾を渡って千葉の友人宅まで、子供を連れて遊びに行ったことがありました。

同い年の子供を持つ親として話をしていると、また違った友人の顔が見えて、本当に楽しくて。

別れ際、「もっといろいろ話したかったなぁ。家が近かったらよかったのに…」と思いながら名残惜しく別れたのでした。


【二つ目のご縁】

ドイツに来ることが決まった時、私の実家の隣に住んでいる方の娘さん(私とは2歳差くらい。)が、同じ赴任地にいることを知りました。

私が小学生の頃、一緒にお祭りに行った記憶があり、その方とドイツで再会することになりました。



【三つ目のご縁】

ドイツに来て2か月が経った頃、日本のお魚を月に一度、共同購入するグループに入れてもらいました。

その名簿を見た時に、なんと見覚えのある名前が…!

それは中学時代の同級生でした。

中学時代お互い海外に住んでいたのですが、日本へ戻ってからは私は関東、友人は関西へ戻り、年賀状のやり取りだけ細々と続いていて、もう20年以上会っていませんでした。

その友人の名前が…!

彼女とはずっと年賀状のやり取りをしていて、友人には息子と同じ歳の男の子がいることを知っていました。

友人から送られてきた年賀状で友人に赤ちゃんが生まれたと知った時、「私の息子と同い年だぁ~。でも、遠く離れているし、子ども同士が会うことはないんだろうなぁ。残念…。」と思った記憶があります。

私の子育てがうまく行かなかった時、「○○ちゃんは、どんな子育てをしているんだろう。聞いてみたい!」と、ふと思った記憶もあります。とても明るくて、頭が良くて素敵な友人だったから。


その友人と、ドイツで20年以上ぶりに再会したのでした。

子ども達も仲良くなって、よく一緒に遊びました。


【4つ目のご縁】

それは娘が体操教室のサマーキャンプに参加した時のこと。

娘はサマーキャンプへ幼稚園のハサミを持っていきました。

すると、一緒に来ていた女の子が、「それ、どこの幼稚園のハサミ?」と聞いてきたそうです。

「○○幼稚園のハサミだよ」と答えたら、「私も○○幼稚園だよ!」と、びっくりの出会いがありました。

サマーキャンプから娘が帰ってきてそんな話をするので、幼稚園の卒園アルバムを見てみたら、その子の写真が…!

(その子はインターへ、娘は日本人学校へ通っていて、学校は別々でした。)

たまた娘がサマーキャンプへ持って行ったハサミで気づくことができた、不思議なご縁でした。



これだけの縁が、ほんの5年の間に起こりました。

何の縁が導いてくれたのでしょうか。

私が「会いたい!」と思った思いが通じたのか、それとも前世からのご縁だったのか…。

それともここ、ドイツに縁があるのか…。

何の縁かはわかりませんが、縁というものが存在しているんだなぁと感じさせてくれた出来事でした。


縁って、つながっていれば一度離れてもまた、必ず再会できるようになっているのかもしれない…そんな風に感じます。

無理して縁をつなげようとしなくても、つながる時にはつながるし、終わる時には終わるし、また始まる時には始まる…そんなものなのかもしれない、と感じるようになりました。

だから最近は、もし「お近づきになりたい!」と思う人がいても、無理に近づかなくてもご縁さえあれば、いつかどこかで親しくなれる時が来る…そんな風に考えるようになって、無理をしないようになりました。

縁があれば、きっと何かきっかけのある出来事が起こって、もっと仲良くなれるし、縁がなければいくら望んでも難しいかもしれない…なんて。




終わってしまった縁もありました。


それは、私の高校時代の親友。

本当に大切な親友でした。


その親友は、私が開いた合コンで知り合った人と結婚をしました。

そして私もまた、彼女と一緒にいた時に出会った人と結婚をしました。


お互いに、結婚相手に巡り合うお手伝いをしあうためのご縁で結ばれていたのかなぁと思っています。

残念なことに、その友人とは結婚してお互いに住む場所が遠く離れてしまい、今は疎遠になってしまいました。


いつかまた、「会いたい!」と思う思いによって、ご縁が始まるかもしれないし、もうこのままかもしれません。


きっとまたご縁があれば、再会することになると思っています。

不思議なご縁の体験、皆さんもありますか?




魂同士、人間として生まれてくる前に助け合う約束をして、生まれてくるそうです。

必ずどこかに、自分のことを助けてくれる魂が存在している…そんな風に感じると心が強くなります。

今いる友達は、もしかして魂レベルで助け合う約束をしていたのかもしれない…


一つ一つの出会いに、きっと何かの縁がある…そう思うとご縁あってお付き合いしている間は、思い切りその相手を信頼して、また大切にしたいなぁと思っています。




住まいと暮らし 住まいブログ・テーマ
住まいと暮らし

スピリチュアル 哲学・思想ブログ・テーマ
スピリチュアル

北欧好きが買って良かったもの インテリアブログ・テーマ
北欧好きが買って良かったもの

キャンドルのある暮らし 雑貨ブログ・テーマ
キャンドルのある暮らし

大人ナチュラルファッションが好き ライフスタイルブログ・テーマ
大人ナチュラルファッションが好き





更新のはげみになっています。応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村
 
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪