サンセバスチャンから海岸沿いに20キロほど行くとフランスとの国境にある町、オンダリビアがあります。
港の対岸がフランスで、渡し船でフランスへ行くこともできます。

小さな町だけれどかわいいカラフルなお家が並んでいて、有名なバルもあり活気があります。

オンダリビア 街並み


目指すは人気のバル、Gran Sol へ。
12時前についていましたが、もう既にすごい人混み。。(写真がありませんが。。)

店内を見渡していたら、日本の雑誌の切り抜き記事が!

Gran sol

なんだか嬉しくなって、同じものを注文。
温泉卵と、パリパリの何か…ジャガイモ??がのって不思議な食感。

スミレの花が乗っているのは、MIKA。日本の名前みたいです。
めかぶ?まさご?のようなものが載っていて、和食みたい。美味しい!

アーティチョークは金粉がかかっていてキラキラ。ピンチョスの宝石のよう。
イチゴのソースをつけて頂きます。

オンダリビア ピンチョス2


緑の方は、Hondarribia。
チーズが載った方は何だったかな…。確か息子のために頼んだお肉。
美味しかったです♪

オンダリビア ピンチョス


ここのピンチョスは、本当に見た目にこだわりがあって、どれも食べてみたくなる。
キラキラ金粉のかかったサーモンも食べてみたかったかも。

オンダリビア バル


お腹が満たされたら、この日の宿泊地、フランスのサン・ジャン・ド・リュズへ。

夏休みに、どうしても子供たちにプールのついたホテルを取ってあげたくて…。
サンセバスチャンはホテルが高いし、半年前で予約が結構埋まってしまっているし…と、ホテルを選べなかったので。

この決断がとても良かったです!

泊ったのはオテル ラ レゼルヴ。

早い時期に予約したからか、とても良いお部屋で、部屋の窓からの眺めが最高!海が見えました。

サン・ジャン・ド・リュズ ホテル2

部屋からお庭にも出られるので、そのままプールへ直行できます。
プールは一応温水プール。(触ってみたら冷たかったけれど。)

サン・ジャン・ド・リュズ ホテル

お庭にはアジサイや色とりどりのお花がたくさん咲いていて、南国風の木が植えてあって、非日常を感じられる空間、本当に素敵なホテルでした。
テニスコートや卓球台もあって、自由に使えます。
こんなに素敵なホテルでも、サンセバスチャンのホテルとお値段が変わらない…。

そしてこのホテルの素敵なところが、ホテルの立地。
湾の横の小さな丘にあるのですが、丘からサン・ジャン・ド・リュズの街まで素敵なハイキングコースができていて、とても素敵な眺めを見ながら街まで歩いていけるのです。

サン・ジャン・ド・リュズ 散策

歩いて15分くらいで街へ。

5

全然期待していなかったサン・ジャン・ド・リュズの街は、すごい観光地でびっくり。
活気があって、とても楽しい街。

リネンのお店や
7

フランスの伝統菓子のお店

2

4


お土産屋さんや小さなお店がひしめき合っていて、とってもワクワクします。

8

ビーチには、色々な子どもの遊び場が作られていて、子育て世代には最高の場所!
浜辺の公園のようになっています。
波は少し高めですが、波に乗って楽しそう。サーファーもたくさん来ていました。


9


ここは1泊しかとらなかったのですが…チェックアウトの際は後ろ髪惹かれる思いでした。
もっとゆっくり泊りたかったです。



読んでくださってありがとうございます。
あともう一回、旅のことについて書きたいと思います。
お付き合いいただけたら嬉しいです…✨

ランキングが低迷しています。。。
応援クリックして頂けると、やる気が増します!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪



>