いつだって大丈夫!

子育てをしながら気づいたこと、学んだこと。

2019年08月



私が旅行の時に必ず使うバッグは、ロンシャンのバッグです。
もう4年も使っているから、くたびれていますが…(-_-;)こちらです。

ロンシャン バッグ



ドイツで生活していると、このバッグを使っている人に遭遇する率がものすごく高い。

ドイツ在住の日本人が使っている率は、70パーセント以上あるんじゃないかと思います。
いや、もっと…?

日本人だけでなく、もちろんヨーロッパの人たちも本当にこのバッグをよく使っています。

前に旅行でイタリアのベネチアへ行った帰りの空港で、「あれ?横にいる人もロンシャンのバッグだ」と思って、周りを見渡してみたら、あそこにもここにも、自分の周りにいる人だけで6人もロンシャンのバッグを使っている人がいました…!


なぜこれだけの人が、ロンシャンのバッグを使うのか…
その理由について考えてみました。

一つ目の理由としては、これだけたくさんのヨーロッパ人が旅行で使っているということは、きっとスリ対策という点においても十分で、安全なんだろうと思います。しっかりとチャックが付いているので安心です。4年間このバッグを使っていますが、スリなどの危ない思いをしたことはありません。

二つ目の理由は、何より軽くて意外とたくさん収容できるということ。旅行中はなるべく、重いものは避けたいですね。

三つ目の理由は、どんな洋服にも合うということ。
カジュアルにも、ある程度のフォーマルにも使うことができます。
シンプルなデザインなので飽きもこず、私はもう使い始めて約4年。まだまだ、ボロボロになるまで使います。そして、ボロボロになったらまたきっと、同じものを購入します☆

四つ目は、お値段もお手頃で、誰でも気軽に購入できるということ。

五つ目は、色を選べるということ。カラーバリエーションが豊富で、好きな色を選ぶ楽しさがあり、また人と同じロンシャンでも、色まで同じ…にはなりにくいです。


このバッグのすばらしさを実感して、日本にいる母、そして義母へ、母の日の代わりにお土産としてプレゼントしましたが、とっても喜ばれました。
使いやすくて、私の母は、その後、色違いを日本で購入していました。
プレゼントにしたら間違いなく喜んでもらえることと思います。


買うなら、肩から掛けられるこのタイプ、このサイズが一番使い勝手が良くてお勧めです☆





こちら↧のサイズが楽天では人気みたいですが、普段使いには少し大きいように感じます。私も持っているけれど、たまに使うくらい…。上のサイズを毎日のように使っています。




どんなシーンも使えて、使いやすくて…。
ミニマリストにとっても最適バッグだと思います!これ一つで本当に十分…。


一度、使ってみてくださいね。使ってみないとこのバッグのすばらしさは、多分わからないと思います…。
私も買う前は、「みんなが使っているから私は買わない」なんて思ったりもしましたが…。使ってみると納得!「みんなと同じでも全然良い!こんなに素晴らしいバッグ、皆がもって当然!」に変わりました。素晴らしく使い勝手が良いから…。

8000円のバッグで4年間、ほぼ毎日このバッグで過ごせるって、素晴らしくないですか!?

そろそろ新しいバッグが欲しいなぁ…なんて思うことがあったら、ぜひこちらをお試ししてみてくださいね✨




応援クリックがあった日はとっても嬉しくて、励みになっています!
ポチっとしていってもらえたら何よりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪








 








サンセバスチャンへ戻って、一番人気のバル、ガンダリアスへ。

ここは一番人気らしく、激込みです。メニューのお料理はとてもおいしそうですが、カウンターでは狭くて大皿は注文できません…。レストランの予約をしておけば良かったです。

レストランに入りたかったけれど入れず、カウンターでピンチョスを注文して頂きました。

サンセバスチャン ガンダリアス バル

エビとほたて。最高の組み合わせ。

IMG_5759 (1)

一番人気のバルである理由がわかる、とてもおいしいピンチョスでした。
レストランのメニューはもっと美味しそうです✨



美食の街でたくさんスペイン料理を楽しみましたが…旅行も半ばまで来ると、日本の味が恋しくなり、お昼にラーメンを食べに行きました。同じように感じる日本人が多いのか、何組も日本人が…。
小さな子供が、「ラーメン食べたい!ラーメン!」とずっと連呼していました(笑)。

サンセバスチャン バル

身体にしみわたるおいしさ…(笑)。お醤油味が美味しい…。
歳をとると、やっぱり和食が何より一番です。

最終日には、バルのレストランでコース料理を頂きました。

サンセバスチャン レストラン

子どもたちには、慣れない立食は辛かったようです。
レストランで座って食事がしたいね…ということで。

不思議なお味・・・・(微妙!)
La Muralla

フィッシュスープ。美味しかったです。

La Muralla 2

バル巡りの間中、サラダが本当に恋しかった…。
エビとアボカドのサラダ。

La Muralla 3

イベリコ豚は柔らかくておいしかったです。

La Muralla4

食後にデザートでチーズケーキがついていました。

本当はミシュラン星付きのような素敵なレストランへ一度は行ってみたかったけれど、メニューを見ると子供が食べなさそうな創作料理が多くて、きっと多分半分も楽しめないだろうなぁと。

美食の街…ですが、どのようなレストランを選ぶかで、楽しめる度合いは変わってくるのだろうなぁと思いました。多分、我が家はサンセバスチャンという美食の街を、50%程しか楽しめていないと思います(^^;

激込みのお店でも、一緒に楽しめる人と、次は行きたいなぁと思います。
(私以外、激混みが苦手だったので、なんだか全然盛り上がらず😢)
って話したら、娘に「彼氏をつくればいいんだよ」って。えッ??
いつか次回は、お友達と行けたら良いなぁと思います


サンセバスチャン、8月の半ばの一週間の間、毎日花火が上がります。

日替わりでヨーロッパ各国の花火が上がるそうです。我が家が見たのはフランスの花火。



サンセバスチャン 花火

近くで見れたので、迫力があって綺麗でした✨

サンセバスチャンから自宅のあるドイツへ戻って、夜ご飯は中華の火鍋屋へ直行しました。
お肉ばかり食べていたから、もうお野菜不足!!で。
家族全員、お野菜が食べたくて仕方がなくて。
美食の街へ行ったのに…戻ってから、「美味しい、美味しい!」って夢中になって中華食べてる矛盾。


旅行から戻ってしばらくの間、自分の作るサラダが美味しすぎて…(笑)。

それはそれで、幸せなのかも…(笑)。


応援クリックがあると、とっても嬉しくて喜んでいます!どうぞ応援してください☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪








 











サンセバスチャンから海岸沿いに20キロほど行くとフランスとの国境にある町、オンダリビアがあります。
港の対岸がフランスで、渡し船でフランスへ行くこともできます。

小さな町だけれどかわいいカラフルなお家が並んでいて、有名なバルもあり活気があります。

オンダリビア 街並み


目指すは人気のバル、Gran Sol へ。
12時前についていましたが、もう既にすごい人混み。。(写真がありませんが。。)

店内を見渡していたら、日本の雑誌の切り抜き記事が!

Gran sol

なんだか嬉しくなって、同じものを注文。
温泉卵と、パリパリの何か…ジャガイモ??がのって不思議な食感。

スミレの花が乗っているのは、MIKA。日本の名前みたいです。
めかぶ?まさご?のようなものが載っていて、和食みたい。美味しい!

アーティチョークは金粉がかかっていてキラキラ。ピンチョスの宝石のよう。
イチゴのソースをつけて頂きます。

オンダリビア ピンチョス2


緑の方は、Hondarribia。
チーズが載った方は何だったかな…。確か息子のために頼んだお肉。
美味しかったです♪

オンダリビア ピンチョス


ここのピンチョスは、本当に見た目にこだわりがあって、どれも食べてみたくなる。
キラキラ金粉のかかったサーモンも食べてみたかったかも。

オンダリビア バル


お腹が満たされたら、この日の宿泊地、フランスのサン・ジャン・ド・リュズへ。

夏休みに、どうしても子供たちにプールのついたホテルを取ってあげたくて…。
サンセバスチャンはホテルが高いし、半年前で予約が結構埋まってしまっているし…と、ホテルを選べなかったので。

この決断がとても良かったです!

泊ったのはオテル ラ レゼルヴ。

早い時期に予約したからか、とても良いお部屋で、部屋の窓からの眺めが最高!海が見えました。

サン・ジャン・ド・リュズ ホテル2

部屋からお庭にも出られるので、そのままプールへ直行できます。
プールは一応温水プール。(触ってみたら冷たかったけれど。)

サン・ジャン・ド・リュズ ホテル

お庭にはアジサイや色とりどりのお花がたくさん咲いていて、南国風の木が植えてあって、非日常を感じられる空間、本当に素敵なホテルでした。
テニスコートや卓球台もあって、自由に使えます。
こんなに素敵なホテルでも、サンセバスチャンのホテルとお値段が変わらない…。

そしてこのホテルの素敵なところが、ホテルの立地。
湾の横の小さな丘にあるのですが、丘からサン・ジャン・ド・リュズの街まで素敵なハイキングコースができていて、とても素敵な眺めを見ながら街まで歩いていけるのです。

サン・ジャン・ド・リュズ 散策

歩いて15分くらいで街へ。

5

全然期待していなかったサン・ジャン・ド・リュズの街は、すごい観光地でびっくり。
活気があって、とても楽しい街。

リネンのお店や
7

フランスの伝統菓子のお店

2

4


お土産屋さんや小さなお店がひしめき合っていて、とってもワクワクします。

8

ビーチには、色々な子どもの遊び場が作られていて、子育て世代には最高の場所!
浜辺の公園のようになっています。
波は少し高めですが、波に乗って楽しそう。サーファーもたくさん来ていました。


9


ここは1泊しかとらなかったのですが…チェックアウトの際は後ろ髪惹かれる思いでした。
もっとゆっくり泊りたかったです。



読んでくださってありがとうございます。
あともう一回、旅のことについて書きたいと思います。
お付き合いいただけたら嬉しいです…✨

ランキングが低迷しています。。。
応援クリックして頂けると、やる気が増します!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪



>


 








今回も旅行の続きの予定でしたが…急遽変更して、とても面白かったコラムをご紹介とともに、感じたことについて書きたいと思います。


英語が全く話せない大阪の金髪女子高生が外資バリキャリ女子になるまで


川村真木子さん。
高校時代は金髪と長期の家出、そんな時期を過ごした後、アメリカに留学して、学年を2学年落として20歳で高校卒業、その後UCバークレーに入学・卒業されてゴールドマンサックスへ入社、今は某外資系投資顧問に勤められています。聞いただけで驚くような略歴!

何と、私の中学時代の同級生です
当時は、とっても美人でおしゃれだったので学校でも目立つ存在でした✨
インスタグラムを見ていると、今でも当時と全然変わらず、綺麗なまま。
そして紆余曲折の人生による人としての深さ、あたたかいお人柄がインスタグラムのあちこちにあふれています。
普段の生活はセレブの生活そのもの。(インスタグラムも見てみてくださいね。makikokawamura さんです。)

とても興味深いコラムで、読むときっと、深い学びがあることと思います。是非たくさんの人に読んでもらいたいです。



人生の底…私の人生の底は、30代に入ってから。
311を経験した時でした。
その前から、毒親による影響で精神的にも崩れていましたが、人生のどん底に突き落とされた決定打となったのは、311でした。

当時私は家を買った直後。武蔵小杉という地で、都会ライフをそれなりに楽しんでいました。
そのマンションの斜め向かいに、東京都の焼却炉があったことを知らずに。

東京が震災がれきを受入れ、燃やし始めてから大量の髪の毛が抜けました。
いつも床にたくさんの毛が。
気に留めずに生活をしていたら、ある時指の爪が根元からはがれました。全く痛みを感じませんでした。
そして、子どもたちが大量の鼻血。
鼻血なんて、生まれてから一度も流したことが無かった子供たちが、二人そろって大量の鼻血。
すぐに、これは放射能の影響だと感じました。
怖くなって、すべての窓に目張りをしました。
この目張りが良くなくて、部屋の中に悪い空気がたまってしまいました。
どんどん高くなる部屋の線量。でも外の空気を取り入れることも怖かった。パニックでした。

娘が甲状腺の辺りをさすって、首が痛いと言いました。
甲状腺癌が頭をよぎりました。
次に、かかとが痛くて床に足をつけて歩けなくなりました。
身体に突然の内出血が出ました。白血病の症状の一つです。チェルノブイリの子供たちの画像を見て、そのような症状が出ることを知っていました。
当時患者さんの立場に立って診察をしてくれる三田先生という医師が、東京の西の方にいました。
家から2時間の場所でしたが、予約をしてみてもらいました。
血液検査をした結果、娘の血液検査の結果がとても悪く「すぐに移住してください!」と言われました…。

私はノイローゼそのものでした。死を意識しました。
毎日号泣して夫に訴えても、朝7時~夜11時まで帰宅しない夫は子供の様子もわからないので話にならない。
大きな病院をまわっても、わからないの一点張り。
東京都の職員を呼んで、家の中の放射線量を測りに来てもらいましたが、放射線量が上がった時にすぐ来てくれるわけではないので、来てくれた時には対処した後の低い線量しか出ない…。
気が狂ったように、東京都のごみ焼却や、あちこちへ毎日何時間も苦情の電話。
私自身も、原爆ぶらぶら病のような症状で、椅子に座っていることもできない、横になりたくなってしまう…。

そんな時、「保養へ出たらどうですか?」というアドバイスをもらって、福島の子供たちと一緒に保養に呼んでもらいました。
やっと、この恐怖を人と共有できる…そう思ったけれど、保養先では「福島の人に気を使って!放射能の話はしないでください!福島の人から見たら、神奈川なんて羨ましいんだから。」ってスタッフの人に呼び出されて注意を受け、福島の(一部の)人から軽くいじめられました。私一人だけ、夜の飲み会には呼んでもらえない…。辛かった…。でも、子どもたちが保養になればいい…そんな思いで乗り切りました。

大阪のグループの方も、保養に呼んでくれました。
そのグループの人たちは、とてもあたたかかった。私は毎日毎日、話を聞いてもらっては号泣していました。でも、大阪のホテルで子供たちが体調を崩してしまいました。ホテルに入るなり、顔に蕁麻疹、ホテルの部屋で嘔吐。
これはおかしい!って思って線量を測ってみると、何度計っても高い。
多分、がれきを燃やしていたのだと思います…。結局途中で帰宅することになりました…。


この時期、私は地獄の毎日でした。
でも、この経験からたくさんの学びがありました。

情報は人に頼らずに自分で獲得する。
たくさんの情報を集めることの大切さ。
大多数の人と同じが安心・安全ではない。
全ての情報をうのみにしない。
医者に頼り切らない。
(医者に全てをゆだね、依存しない。自分で自分の身体を管理する。)


情報を集め、またその情報を自分なりに分析・判断し、情報を通してたくさん学び、成長しました。

乗り越えられた時、悪い出来事だった過去は、学びへと変わります。
どん底を乗り越えると、きっとすばらしい飛躍が待っている。

欲を言えば、もっと若い時にどん底を体験したかったなぁ~なんて思います。
だから、子どもたちに手を出しすぎて、困難を取り除いてしまわないように…なんて最近思うようになりました。若いうちにたくさん困難を経験して、たくさん乗り越えてほしい、なんて思います。


壮絶な体験…
こちらの記事、不登校】不登校の原因がわからない ”長男の不登校のきっかけ”  不登校の5回にわたるお話も壮絶でした。
不登校から克服までの道のりは、まるでドラマのあらすじを読んでいるかのようです…。
是非読んでみてくださいね☆

克服体験を聞くたびに、勇気が湧いてきます。きっと大丈夫って。
困難や人生のどん底は、決して悪いものではないから、不安を持ちすぎないのがいい。
そのような体験には必ず学びがあり、そこから人は飛躍する。だから、人から困難を取り除こうと一生懸命になるのは違うのかもしれない、今回のコラムを読んでそんな風に感じるようになりました。

自分が経験したことと同じことで人が苦しむのを見たくないから…つい、自分の主張を通したくなってしまう自分がいました。○○には気を付けて、とか。○○した方がいいよ、とか。
でも、人は私(他人)の言葉によってではなく、きっと自分自身の体験によって学んでいくようになっているのかもしれない…それぞれ学びのタイミングがあって、それを他人が変えようとすることは難しいことなのかもしれない。
自分の体験を伝えて、それが人の記憶に残り、いつか「あ、そういえば」って思うきっかけになれれば、それで十分なのかもしれない。それしかできないのかもしれない。

色々なことに対して、考えるきっかけを与えてくれたコラムでした。(コラムの話と少々ずれてしまいましたが…)

<応援クリックして頂けると、やる気が増します!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪



>


 




br />









ビルバオで一泊した翌日は、朝からサンセバスチャンへ。

高速道路を1時間半くらいかけて、サンセバスチャンへ到着!

期待で一杯のサンセバスチャン、第一印象は緑がいっぱい!

綺麗な街並みに、わくわくします。
表参道みたいな雰囲気。

サンセバスチャン 街並み4

雰囲気はリゾート地!

サンセバスチャン 街並み3


サンセバスチャンは観光客ばかりで、バルセロナとは違って治安もとても良いそうです。

サンセバスチャン 街並み5


本当に緑がいっぱい。


まずは、バルで腹ごしらえを…ということで、バルが林立している通りへ向かいます。

サンセバスチャン 街並み2

最初に入ったバルは、日本語のメニューがある、Bar Sport。

娘が大好きなイカ。サクサクで美味しい~

Bar Sport 2

娘は魚介が大好きで、楽しみにしていたタコも。

Bar Sport 3

魚介が苦手な息子には、お肉。

サンセバスチャン Bar Sort

どれもとっても美味しかったです。
カウンターで立ちながら、つまんでさあ、次のお店へ。

Bar Sport 4

色々なピンチョスが並んでいて、お店をまわるのも楽しい♪

Bar Sport 5

どれを食べようって考えながら見るのはワクワクします。

サンセバスチャン ピンチョス

…でも、我が家には偏食なムスコくんがいるので、ムスコを置いて3人でパクパク食べるわけにはいかず、眺めて終わりの割合が多かったです😢
息子が食べたいものを探すのが、大変。。。

更に、子どもたちは夕飯はレストランで席に座って食べたい~!!と。。
なんだかテンション下がる…。

夕ご飯まで、まだまだ時間があったので海へ!!

サンセバスチャン 海岸

きれいな海!!

1

2年ぶりの海に、子どもたちは大はしゃぎ!

2


4

途中まで洋服のまま遊んでいた息子も、最後は水着になって遊びました。
遊んだ後は、浜辺に温水シャワーの施設があるので便利でした。
シートを忘れてしまったのですが、レンタル椅子も1€であったので助かりました。

5

ラコンチャ湾は波も穏やか…。
もう一つのビーチは波が高めでサーファーに人気だそうです。
ホテルが近くだったのですが、この日ももう一つのビーチはサーファーでにぎわっていました。


夕ご飯は人気のSirimiriへ。

何とか席が取れて、座って食べることが出来ました☆
イベリコ豚、美味しかった~

サンセバスチャン Sirimiri

自家製ポテトとタコ。
見た目がとっても色鮮やかで、まるで高級レストランの前菜のような盛り付けにわくわく。


サンセバスチャン シリミリ


サラダが食べたくて頼んでみたけれど…トマトのサラダでした。

お店に行く前にネットでお店の下調べをして、食べたいものの画像を保存していったのですが、もうどれも古いメニューで、今は食べられないものばかりでした。残念…。

sirimiri

これはちょっと味濃いめ。


デザートはお店を変えて、チーズケーキで有名なLa Vinaへ。

サンセバスチャン La Vina

サンセバスチャンへ行ったら、マスト!!なチーズケーキ…ということだったので。

サンセバスチャン チーズケーキ La Vina

お味は、普通に美味しい(笑)。
色々ブログを読んで、皆さん大絶賛だったので…期待しすぎてしまったかも~(-_-;)
世界一の美食の町でもマストなチーズケーキ…ということだけあって、すばらしい味を想像してしまっていました。
期待しすぎずに、行ってみてくださいね☆

次は、サンセバスチャンから10キロ先のオンダリビアと、20キロ先のフランスの町、サン・ジャン・ド・リュズについて書きたいと思います。

旅行記がしばらく続きます…。お付き合いいただけたら嬉しいです(*^^*)


ランキングが低迷しています。。。
応援クリックして頂けると、やる気が増します!応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪



>


 




このページのトップヘ