私がとても信頼しているサプリメントの一つに、水素タブレットがあります。
水素タブレットは家に在庫を切らせられない大切なサプリメントの一つです。
我が家の家族は皆、この水素タブレットにとても助けられてきました。


水素


(アクティブハイドライドもおはよう水素も両方飲んだことがありますが、成分はどちらも同じで効果も同じように感じました。)


夫が初めてリウマチになったのは、2015年に車で北欧旅行をしていた時のことでした。
それは車による長旅で、ドイツ→デンマーク→(船に乗って)→ノルウェー→スウェーデン→デンマーク→(船に乗って)→ドイツという車で2000キロの行程を8日間かけてまわるという旅だったのですが、旅の最後の最後にリウマチを発症してしまったのでした。

きっかけは、足を少しくじいてしまったことでした。
足をくじいた次の日の夜、夫は足が痛くて歩けないと言い出して…突然のことだったので、わけがわからず…。
翌日は旅の最終日だったのですが、車はもう運転できなくなってしまい、私が一人で700キロを運転して何とか家までたどり着いたのでした。
その間、夫はずっと車の中で椅子を倒して寝ていました。

左足の足首の痛みから始まって、足はどんどん腫れて真っ赤になり、ぞうの足のようになってしまいました。
病院で受診して、リウマチの診断でした。

病院の処方ではなかなか回復せず、1か月以上腫れがひきませんでした。
脚の腫れは広範囲に広がってしまい、右足まで腫れてしまったのでした。

その時に義理の父が心配して送ってくれたのが、水素のタブレットでした。
疑心暗鬼ながらもそのタブレットを飲み始めてみたら、少しずつ腫れはひいて治りました。

その後、リウマチの再発は3回ほどありましたが、その後の3回の再発は水素タブレットがあったからか回復が早く、3週間もしないうちに治りました。その後、1年以上リウマチは再発していません。
水素タブレットはリウマチに効果が期待できるように感じます。

私もこのサプリメントに助けられています。
私はアトピーが手に出てしまうのですが、かゆい!と思ったら水素タブレットを飲みます。
すると15分くらいするとかゆみが全くなくなってしまうのです。
夜中にかゆくて眠れないほど目が覚めてしまうことが時々ありますが、眠る前に二粒ほど飲んで寝ると夜中にかゆくなって起きることもありません。



水素の効果にはどのようなものがあるのでしょうか。


水素には、活性酸素を無害化させる抗酸化作用があります。
活性酸素は細菌を排除しますが、増えすぎると身体にサビを発生させてしまい、シワやシミの原因になってしまったり、動脈硬化などの生活習慣病の原因になってしまいます。
体内に水素があると、有害な活性酸素とちょうど一つだけ電子をもっている水素が結びついて無害な水になり、身体から有害な活性酸素が排出されていくそうです。


あらゆる病気を治す奇跡の水とよばれる、フランスのルルドの水をご存知でしょうか。
ルルドの水は、水素水だそうです。

ドイツにも「ノルデナウの水」と呼ばれる奇跡の水が湧き出る所があります。
ノルデナウの水も水素水だそうです。チェルノブイリ原発事故で白血病になってしまった子供の症状が改善されたり、癌患者の細胞から癌が消えたというようなことが起こったそうです。



人間が罹る病気の90%は活性酸素が原因だと言われているそうです。
癌、動脈硬化、心臓病、高血圧、糖尿病、白内障、膠原病、リウマチ、アトピーなど…活性酸素が原因で起こると言われています。重篤な病気になったとしたら、活性酸素を疑ってみるともしかすると病気の改善につながるかもしれません。


試すまでは怪しいような気もしてしまうかもしれません…。でも、もしも何か健康上の不安があったら一度試してみてもらえたら嬉しいです。

病院へ行ってもなかなか症状が改善せず悶々とする…そんな経験を重ね、お医者さんがすべてではないなぁと思うようになりました。
自分の健康は人に頼らずに、自分で調べ、自分自身の勘を頼りにしていくことが大切だと思います。
水素タブレットは信頼のできる良質なサプリメントだと思っています。
健康の不安がこの世の中からなくなればいい…少しでも誰かを救うことができたら…そんな思いで記事に書いてみました。


ランキングが上がるととても嬉しいです✨応援して頂けると嬉しいです。

ミニマリストさん方の毎日のお話がとても興味深いです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な新築マンションでの生活がのぞけます♡
にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪