子育てをしていると、習い事のはじめ時・やめ時で悩む事があります。
周りの子がサッカーを始めたとか、塾を始めたとか聞くと、気持ちがそわそわしたりします。それで子供は望んでいないのに体験に行かせてみようかと考える。また、習い事を始めてみたものの、本人がやめたいと言い出した時にも悩んだりします。せっかく始めたのに、このままやめて嫌いになってしまったらどうしよう(不安)…とか。せっかく今までお金を払って習わせてきたのに、今やめたら何も実になってない(もったいない)…とか。泳げなかったら学校の水泳の授業の時に困るかもしれないとか、周りのお友達がみんなサッカーを始めたけれど、やらないでいたらお友達の輪の中に入れなくなってしまうかもしれないとか、何か運動を習っていないと、運動が苦手な子どもになってしまうかもしれないとか、塾に行かないで周りと差がついてしまうかもしれない、落ちこぼれてしまったらどうしよう…とか。
色々な親の感情が入ると、習い事をどうするかを決めることが難しくなります。



子どもが成長して今思うことは、「それができなくて、何が困るの?できなくても問題ない!」ということです。本人が困ったと感じれば、その時に「習いたい」というかもしれません。また、できなくても本人は困ったと感じないかもしれません。習い事はシンプルに、本人が希望するものをすれば良い、それだけです。どんなに遅く始めようとも、本人が必要だと感じてから、やりたいと感じてからでも十分に伸ばすことができます。(オリンピック選手などを目指す…という特殊な場合は分かりませんが。)何より、本人が希望していないと習い事の効果は出にくくなります。そして結局は、そのことが好きな、後から始めた友達にどんどん抜かれていきます。


我が家の息子は、小学5年生の時に友人のピアノの発表会に呼ばれて、初めてピアノに興味を持ちました。5年生からピアノを始めるのは遅いような気がしましたが、ピアノに対する興味が物凄かったので、やる気が他の子達とは違いました。物凄いスピードで習得して、2年間で「きらきら星変奏曲」を弾くに至りました。

逆に、幼稚園年少から続けていた体操教室は半分本人の意思ではなかったので、低学年の頃までは輝いていたのですが、高学年になって、後から始めたやる気のある子にどんどん抜かれて行って、結局やめることになりました。もともと好きではないから、追い越されればやる気もなくなり、諦めてしまうのです。やる気のある子には、どうしたってかなわないのです。

youtuberのDaigoも、小さい頃はヒョロヒョロだったのに、30歳目前になって筋トレに目覚めて今は立派な筋肉があります。
本人がやりたい!と思った時に始めれば、いつからだって大丈夫なのです。


習い事でもう一つ重要なのは「先生」です。先生が合わないときは、どんどん相性の合う先生を探した方が良いと思います。絶対に。先生のことが好きでないと、どんな習い事も続かないし、好きになれません。
私の経験ですが、先生が好きだった習い事はどんどん上達し、長く続けることができ、今でも続けています(もう何十年も書道を続けています。)。逆に先生が嫌いだった習い事は、習い事自体が嫌いになってしまいました。(小さい頃ピアノを習っていましたが、引っ越しをして先生が変わってから、好きだったピアノが大嫌いになってしまいました。)


結局、子どもが素晴らしい成果を出せるのは、子どもが本当にそのことが好きな場合のみです。
子供が嫌がっている習い事はすぐにやめた方が良いでしょう。
ただし、嫌がる理由が「先生」の場合は、「先生」を変えましょう。