子供の「お母さん来て」「お母さん○○して」という要求には、できる限り応えてあげることが愛です。
子供の要求をすべて満たしてあげる…と書くと語弊がありますが、要求を満たしてあげるというよりも、要求している心を満たしてあげるという感じです。
要求が、例えば「あれが欲しい、これが欲しい」等で応えられない場合は、その心だけでも満たしてあげる。例えばお店でおもちゃが欲しいと騒いだ時には、「これが欲しいんだね」と気持ちを受け止めてあげる。「面白そうなおもちゃだもんね」と、気持ちを代弁してあげる。「お母さん来て!」とか「お母さん抱っこして!」などの要求には、できる限り応えてあげると子供は情緒的に安定した子供に育っていきます。



しかし以前の私は、子どもの要求を満たしてあげることができませんでした。
子供に「お母さん来て!」と呼ばれると、身体が硬直しました。呼ばれれば呼ばれるほどイライラしてしまい、子どものそばへ行ってあげることができませんでした。
何故できなかったのか…
以前の私は、子どもの要求に応えてあげていると、子供の要求はエスカレートしてしまい、子どもはわがままになってしまうだろう、と思っていました。子どもの要求は常に自分本位で、人が忙しい時にもお構いなしにやってきていたから…。いつでも要求は満たされると思ってしまったら、わがままな人間に育ってしまうかもしれない、などと本気で思っていました。
私が小学生の時に、担任の先生に「○○さん(私)はわがままだねえ」と言われたことがあり、とても傷ついたことがありました。だから、とにかく子供をわがままには育てたくありませんでした。本当は子どもの要求をその都度満たしてあげることが、子どもを我がままでないように育てるためには大切なことだったのですが…。

またそれ以上に、もう一つ大きな理由がありました。
それは、私自身がそのように親から満たされてこなかったということ…。
小さい頃、私は母親に自分の部屋に来てほしかった。けれども、いつも母親は受験がある姉の部屋にいて、私の部屋には来てくれませんでした。訴えても訴えても、自分の部屋に来てほしいという願いは叶いませんでした。
だから、娘に「お母さん来て!」と呼ばれると、身体が硬直しました。呼ばれれば呼ばれるほど、腹が立って拒絶反応が起きました。「何てわがままなことを言うんだろう!」と、心の底で感じていました。
自分が親に、してほしくてたまらなかったのに満たされなかったこと。
「子供の要求に応えていると、我がままになる」のは実は言い訳で、本当は自分自身が満たされていなかったのに他人を満たすことなんてできなかったのだと思います。


何か、子どもが要求しているのに応えてあげれないことがあったら、もしかしたら、それは自分自身が親(や他の誰かに)して欲しくても、してもらえなかったことなのかもしれません。もしくは自分自身の要求が満たされたという経験が少なかったのかもしれません。人は、自分がしてもらいたかったのにしてもらえなかった…という不満を感じながら、同じことを他の人にしてあげることなどなかなかできることではないのです。


もしそのような気持ちがあったことに気が付いたら、その自分自身の気持ちを受け入れていくと次第に子供の要求に応えられるようになっていきます。

あぁ、私ができないことは、できなくても当然なんだ。
何故なら自分が小さい頃親にしてもらいたくても、してもらえなかったのだから。
出来なくて当然だし、もしできたら、私は物凄いことを達成できたと思っていいんだ。 
私は辛かったんだ、私は親に○○してほしかったんだ、という当時の自分自身の心に気づいて受け止める。そしてまた、当時叶わなかった願いををもう、諦める。諦めて手放す。


自分がそれをできない理由に気づき、できない自分を受け止め、自分自身を許す。そしてまた、自分自身の中にあった欲求を手放していくことで少しずつ、できなかったことができるようになっていきます。

自分自身に「できなくても当然。辛かったね。」と声をかけてあげる。自分自身の心の内を知り、自分の心を癒して満たしてあげる。そうすれば、必ず、子どもの要求にも応えられるお母さんになっていきます。
子供の要求は、満たせるだけ満たしてあげて大丈夫。(体に危険や害がない限りにおいて。)子供が要求してもいないのに、親の方であれこれ心配をして手助けをしてあげることを過保護と言いますが、要求に応えてあげることは、過保護とは言いません。要求は満たしてあげれば、消化されていきます。子供自身、要求が消化されていけば、親に対する要求も減ってくるでしょう。
子供が小さいうちの要求なんて、本当に小さい事。大人になって要求が大きくなる前に(何万円もするものが欲しい等)、小さな要求(スーパーでお菓子を買ってあげるなど)は、できる範囲でなら満たしてあげても良いのだと思います。
我が家の娘には、旅行先ではお土産を買ってあげたり、お出かけしたら文房具を買ってあげたり、年に一回お年玉で好きなだけお買い物をさせてあげていたのですが、もうすっかり物欲がなくなって、今では逆にものが増えすぎることを懸念するくらいです(笑)。(まだ小学生です。)
子供たちとスーパーに行ったときに、「ほら、好きなお菓子持ってきて!」と言っても「いらないよ~」という位…お菓子を欲しがることもありません(笑)。要求に応えると、要求がエスカレートするかも…そんな風に思いがちですが、そんなことはありません。できる限りの要求は満たしてあげれば消えていくものなのです。
応援クリック押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


素敵な北欧インテリアのランキング、参考になります!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


楽天ルームもやっています。のぞいてみてくださいね♪